社会保険労務士の難易度/ランキング上位資格

社会保険労務士, 難易度

社会保険労務士(社労士)という資格は、就職やキャリア面での需要のほか社会での需要の高まりから 注目されていますが、相変わらずまだどんな資格かよく知られていません。
社会保険労務士の難易度を知りたい人たちのために、いちばん客観的なデータとなる 社会保険労務士の昨今の合格率をまずはご紹介してから難易度の説明に入りましょう。

<社会保険労務士の試験の合格率(過去10年)>

 

受験者

合格者

合格率

平成14年度

46713名

4337名

9.3パーセント

平成15年度

51689名

4770名

9.2パーセント

平成16年度

51493名

4850名

9.4パーセント

平成17年度

48120名

4286名

8.9パーセント

平成18年度

46016名

3925名

8.5パーセント

平成19年度

45221名

4801名

10.6パーセント

平成20年度

47568名

3574名

7.5パーセント

平成21年度

52983名

4019名

7.9パーセント

平成22年度

55445名

4790名

8.6パーセント

平成23年度

53392名

3845名

7.2パーセント

<社会保険労務士の試験の難易度の傾向>
社会保険労務士の試験は毎年「ほぼ10人に1人くらいの割合」でしか受からないくらいの難易度……と書くことも できますが、「10人に1人も受からない」と書くほうがいいかもしれないですね。合格率が10パーセントを 超えた年は平成19年しかありませんし、しかもこの5年くらいは徐々に難易度が上がっているのが社会保険労務士の 現実でもあります。社会保険労務士の試験の難易度については科目別の難易度もあることも無視できません (いわゆる「足切り」ですね)。しかもその数字は一定ではありませんから、全科目をマスターしていないと 受からないという難易度が社会保険労務士の試験にはあります。

<社会保険労務士の難易度から合格へのカギをどうつかむべきか?>
社会保険労務士の試験では、上にも述べたように弱点をつくらない勉強をしないといけませんが あいにくと試験範囲が広大ですし、しかも一般の希望者にとって親しみがわかない内容ばかりときています……
もっとも、年金や社会保険、または労働法といった仕組みに興味を強く持てるならだいぶ楽になりますが それでも毎日のように味気ない条文と向き合わないといけません。合格率の厳しさを見てもわかりますが 一般人が自力で賄える内容ではないですから、合格者の多い学校や通信講座の世話になるようなことをして うまく勉強の筋道を与えてもらうことがおすすめです。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?