FP(ファイナンシャル・プランナー)の難易度/ランキング上位資格

FP, 難易度

FPの難易度を語ることは、このサイトの他の資格を語ることと同じようには語れません。
FPは、複雑に分かれている資格ですし、FPの試験を組織している組織にまで種類があるからです。
しかも上のほうの資格を受けるには受験資格がありますし、職歴や下の試験に受かっていることが前提となります。
これからFPになろうかと考えている人たちにいちばん覚えておいていただきたいことは、FPの資格は順序を追って 受けていかなければならないだろうということでしょう。

手はじめに、まずFP3級を受けてほしいと思いますが、このFP3級の難易度は公平な位置から見てもたいした ことはありません。少し集中して勉強すればおそらく失敗することはありません。
FP3級はきんざい(金融財政事情研究会)で受けても日本FP協会で受けても過半数がほぼ毎回受かっている くらいです。

FP3級だけでは、就職をするときに武器になるほどでもありませんし、職歴をきらびやかにする上でも 効果がありませんから、その上のFP2級とAFPの資格を手に入れることを考えてほしいと思いますが、難易度は ここではそれなりに上昇していきます。きんざいで受けてもFP2級で受けても学科試験と実技試験双方を突破する 人は過半数にまったく届かないくらいの合格率ですから(FP1級やCFPともなるとさらに難易度は上昇しますね)。

まったくFPと縁もゆかりもない生活を送ってきた人たちがFPの資格をほしいのなら難易度の壁を考えても 最初の数年間の必要性を考えても、まずはFP2級とAFPまでをセットでとることを考えたほうが建設的でしょう (どちらかいっぽうだけでは、就職をするときに弱いでしょう)。
FP2級の試験は、毎回難易度を甘く見て落ちる人たちが多いといわれていますが、3ヶ月くらい勉強したら 受かるだろという風説を聞いて、ついたかをくくってしまう人たちが混ざっているからだと考えられています。
それはまったくの間違いではないのですが、失敗する人たちのほうが2~3倍はいるだろうと見積もられている くらいですから、短い間ではあっても、しっかりとした通信講座等を使って勉強するほうが無難です (通信講座には、FP3級とFP2級、そしてFP2級とAFPの講習をセットにしているところがあるため、 時間が無駄にならない取得方法を実現することもできます)。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?