宅建の難易度/ランキング上位資格

宅建, 難易度

宅建の難易度を知りたい人たちのために、いちばん客観的なデータとなる 宅建の昨今の合格率をまずはご紹介してから難易度の説明に入りましょう。

<宅建の試験の合格率(過去10年)>

 

受験者

合格者

合格率

合格最低点数

平成14年度

169657名

29423名

17.3パーセント

36点

平成15年度

169625名

25942名

15.3パーセント

35点

平成16年度

173457名

27639名

15.9パーセント

32点

平成17年度

181880名

31520名

17.3パーセント

33点

平成18年度

193573名

33191名

17.1パーセント

34点

平成19年度

209684名

36203名

17.3パーセント

35点

平成20年度

209415名

33946名

16.2パーセント

33点

平成21年度

195515名

34918名

17.9パーセント

33点

平成22年度

186542名

28311名

15.2パーセント

36点

平成23年度

188572名

30391名

16.1パーセント

36点

<宅建の試験の難易度の傾向>
宅建の難易度は、社会での需要が特に高い資格の中ではかなり恵まれているほうだといっていいでしょう。
毎年15パーセント以上の合格者が出ています。これを見て、「宅建の難易度は高い!」と思ってしまう人だって いることでしょうが、そうではなくて、「約6人に1人も受かっている!」ととらえていただきたいものです。
何よりも合格最低点数も同様に落ち着いていますね。近い将来、多少問題が高度化する可能性ならありますが それでも大きく合格最低点数や合格率(そして難易度)が上げられることは宅建に関する限りまずありません
問題の7割かそれよりいくらか多いくらいの正解を出すつもりで受験したいものです(もっとも、実際に 勉強するとき、そして受けるときは8割か9割の正解を出すつもりくらいの意気込みを持つほうが安全ですが……)。

<宅建の難易度から合格へのカギをどうつかむべきか?>
宅建の試験問題は、難易度(合格率)が安定させられていることからもわかるように、一気に問題の内訳が 変更されてしまうような恐れはありません。これまでの試験問題を参考にして対策を練っていくことが 第一でしょう。ただし、この10年間で問題数の変更や科目の小規模な変更は行われていますから、 その変更にうまくついていくことも忘れてはいけません。それを計算に含めると、宅建のエキスパート と呼べるようなブレーンの協力がほしいところです。宅建のエキスパートを抱えている学習機関は少ないですが それでも代表者自らが宅建の講座にあたっているような学校や通信教育はありますから、 見落とすことなく利用していただきたいところです。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?