通関士の難易度/資格ランキングの特殊な例?

通関士, 難易度

通関士はまだマイナーな資格ですが、難易度や年収の観点から考えるともっと注目されていい資格でもあります。
そんな通関士の難易度を知りたい人たちのために、いちばん客観的なデータとなる 通関士の昨今の合格率をまずはご紹介してから難易度の説明に入りましょう。

<通関士の試験の合格率(過去10年)>

 

受験者

合格者

合格率

平成14年度

9973名

2848名

28.6パーセント

平成15年度

10001名

1211名

12.1パーセント

平成16年度

10191名

1920名

18.8パーセント

平成17年度

9953名

2466名

24.8パーセント

平成18年度

10357名

725名

7.0パーセント

平成19年度

10695名

820名

7.7パーセント

平成20年度

10390名

1847名

17.8パーセント

平成21年度

10367名

807名

7.8パーセント

平成22年度

9490名

929名

9.8パーセント

平成23年度

9131名

901名

9.9パーセント

<通関士の試験の難易度の傾向>
通関士の難易度は、この10年でシビアになってきたといったほうが正しいのかもしれません。合格者が 10パーセントを切ってしまう年が多いようでは、通関士の難易度は酷だと書かざるをえませんが、 当分の間この難易度の現実は変わらないとみなしたほうがいいでしょう、それでも通関士は過去の試験問題等を よく研究しながら勉強すればじゅうぶんに合格を果たせるチャンスはあります。
通関士の試験にも、科目別の合格基準があります。「通関実務」「通関業法」「関税法等」の3科目がありますが どの科目についても60パーセントの正解を出さないと落されてしまいますし、まんべんなく勉強をして 解答力を高めておくような準備が求められる試験となっています。

<通関士の難易度から合格へのカギをどうつかむべきか?>
通関士の試験問題はわりと特殊ですね。貿易に関する仕事をどこかでしたような人でもない限りあまり通関士の 勉強範囲に接する機会は持てないでしょう。通関士の試験のための教材は当然市販されていますが、 それをただ読んだり解いてみたりするだけでは万全な対策ができるとはちょっと思えません。
専門の学校や通信講座を使うなどして、勉強のお膳立てをしてもらって、1度の受験で無駄なく合格が できるようにすることが理想の対策となるでしょう。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?