行政書士の年収/ランキング上位資格

行政書士, 年収

行政書士の年収は、平均値をとろうとすると非常に難しくなります (このサイトで取り上げる資格のほとんどは、年収の平均値が出しにくくて、たまにデータが見つかっても バラバラになっていたり、どう解釈したらいいのかはっきりしなかったりすることが多いのですが……)。

<行政書士の推定される平均年収は?>
500万円~600万円
ただし、行政書士の年収は、全体の平均をとろうとしたらおそらくは500万円に達しない結果になることも 多いのではないでしょうか。
しかし、行政書士としてすでに数年以上のキャリアを積んでいて、行政書士としての活動が年収の源になっている 人たちだけで平均値を調べようとすると一気に数字が変わるはずです。その行政書士たちの年収はひょっとしたら 700~800万円くらいに近づくかもしれないのです。

<行政書士の年収の見方、受けとらえ方とは?>
行政書士の年収のデータを見るときは、正直なところ「どれくらいの年数なのか」「行政書士の仕事を どれくらいやっているのか」といった点がどうなっているのか確かめないと参考になりませんが、 ただ行政書士の資格者を対象にしたアンケートだったら、そこまでわからないことも多いのです。
行政書士の資格をとっても、うまくやっていけない人は多いですし、そうなるとやはり年収はひどいものに なってしまいますが、最初の2~3年くらいで運命は大きく分かれます。
うまく仕事を軌道に乗せることができればじゅうぶんに食べていける年収を稼げます。

行政書士には、パート感覚の主婦のような人たちが混じっていることも忘れてはいけません (この人たちは最初からフルタイムで働こうとしていません)。

行政書士は、平均的な年収だけだったらたいした儲かる資格に見えないでしょうが、 それは働き方しだいですから、どんな行政書士になるのかを勉強中から詳しく計画していけば、 安定して高い年収を稼げる行政書士になれるということです。

<行政書士になって年収をよくするには>
行政書士は基本的に独立・開業をする前提の資格です。資格をとったばかりでいきなりそれをやるのは怖いですが、 その分行政書士には、やることができる仕事の幅が広いという点があります。それを使わない手はありません。
行政書士は行政手続きに使われる書類の作成がメインの仕事です(手続きを代わりにやることもあります)。
他の行政書士とうまくテリトリーを分けていくことは比較的簡単にできますし、その道のスペシャリストになる ことだってできます。名声を高めたり、顧客をつかまえたりするチャンスはたくさん転がっているといえます

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?