社会保険労務士の年収/ランキング上位資格

社会保険労務士, 年収

社会保険労務士という資格は、難易度は高いですが年収や今後の飛躍度といった点から、 特に宣伝をされていないのに、口コミ等で人気の的になってきたようなふしがありますね。

<社会保険労務士の推定される平均年収は?>
600万円以上~800万円
ただし、社会保険労務士の年収を調べたいと思っても、そのときはどんな社会保険労務士の年収を知りたいのかを まずはっきりとさせたほうがいいでしょう。
社会保険労務士には、勤務型と開業型と2種類があります。勤務型の社会保険労務士は企業に入社して その企業の労務や人事を担当する部署に配属されるのが普通で、当然年収は安定しやすい傾向があります。
勤務型の場合は700万円以上になるのはかなりの年齢になってからになるかもしれませんが、 開業型の場合は対照的で、なかなか500万円を超えない人と早くから700万円を超える人とのギャップがあります (調査によって、開業型の年収は500万円台のことも多いですし700万円周辺の数字になることもあります)

<社会保険労務士の年収の見方、受けとらえ方とは?>
勤務型の社会保険労務士は、企業の給与体系に縛られることになりますから 昇進や昇給はだいたいの場合緩やかなペースになります。
もちろん仕事で頑張ったら評価はされますし昇給も年収増加も早まるでしょうが、 大規模な年収は期待しないほうがいいでしょう。
それでも勤務型の社会保険労務士の年収は、早いうちに600万円~700万円に達することも珍しくありません (代わりに、何歳になっても大規模な年収は見込めないかもしれませんが)。
開業型の社会保険労務士だったら年収はもっと分散しますし、安定性もその開業という自由さの犠牲になります。
ある意味で人気商売でもありますから、失敗すると年収は300万円に届かなくなる恐れがあります。

<社会保険労務士になって年収をよくするには>
勤務型の場合は会社の規模や給与体系を無視できませんから、入社試験を受ける前にどんな仕組みの会社なのか よく探り出すことが大事でしょう。

開業型の場合は、成功すれば年収が30代でも1000万円を超えることも珍しくありませんし、 そこまでいかなくてもじゅうぶんに前職より数百万円も高い金額の年収を手にすることだってザラにあります。
社会保険労務士は、単発の依頼も受けることができますが、仕事柄企業と持続的な関係を持つ必要があるため、 契約終了の定めがない顧問契約を結ぶことが普通です。つまり安定した報酬を毎月受け取ることができます。

安定性を期待できるのですが、最近は社会保険労務士に求められる役割が増えています (社会保険制度等の変動の影響で、企業文化からも国家からも、社会保険労務士に単発の仕事、また持続的な仕事を 頼まれる機会が激増しています)。社会保険労務士となって独立することは、現在がいちばんの潮時かも しれないくらい年収アップのチャンスが転がっているのです。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?