FP(ファイナンシャル・プランナー)の年収/ランキング上位資格

FP, 年収

FPの年収を一概に言い切ることもかなり難しいのが現状です。FPの資格を持っていると、さまざまな働き方が できるからです。FPにも社会保険労務士に似ている部分があって(あちらほどはっきりとした区分が あるわけでもないのですが)企業に所属して働く場合と、独立・開業をする場合があります。

<FPの推定される平均年収は?>
500万円~700万円
ただし、この数字は「本当に平均年収」でしかありません。FPの年収では平均値を出すことにあまり意味は ないでしょう。FPの資格を持っている人たちは、まず企業の中にいる人たちがおおぜいいますが、FP専門で 働いていない人たちもかなり混ざっています。サラリーマンやOLの道を選んだら当然その会社の給与体系に 従いますから安定した年収になりますが、高額な年収を得るにはかなり年数をかけて上げていく必要があります。
独立をしているFPの中にはときどき1000万円を超える年収を得ている例もあります
が。

<FPの年収の見方、受けとらえ方とは?>
現実に目をやると、FP資格をとった場合は最初から独立をしないほうが安全だといえます。法律系の資格と違い、 日本ではまだFPの事務所というものが社会にそれほど根付いているとはいえないからです。
とにかくFPの資格をとって企業で働くなら金融や保険、不動産といった業界が主になりますが、 資格があるだけで就職が有利に運ぶこともありますし、入ってからも資格手当がもらえることもあります。
正社員で雇用されれば当然安定した年収になります
(おそらく他の部署の社員とそんなに差はつかないですが)。
まだ若いうちにFP資格をとって就職すれば、300~400万円くらいの年収からスタートして、 昇給を待っていくような形になるでしょう。

<FPになって年収をよくするには>
企業に属するなら、中高年になる頃にはそれなりの年収を得られる望みもありますが 大規模な年収にしたいと思ったら独立を予定したほうがいいかもしれません。

日本ではFPという資格はアメリカのような国ほど一般的ではなく、一般人の間にも、 お金を払ってFPに家計の相談をする習慣がありませんが、これからそれは変わっていくという観測もあります。
いずれにしても現在の独立型のFPは大部分が保険を専門に相談を受けていますし、 保険を切り口にして家計全般の相談を受けるようにする働き方が目立っています。
ただし失敗の可能性はありますから、財政に関する講演を受けたり本を書いたり……といった仕事の口を探す、 または他の資格と併用するなどして企業の顧客をつかむ戦略を立てる、といった手を考えたほうが 安全でしょう。日本では独立型のFPの働き方はまだ流動的ですから、アイデアで変えていくことができます。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?