宅建の年収/ランキング上位資格

宅建, 年収

宅建という資格は、不動産の売買の取引をする事業所ではおおいに威力を発揮します。
宅建の資格を持っている人材を5人に1人の割合で配置しないと不動産取引を行うことができなくなるのです。
宅建は就職が安定しやすいというイメージがありますし、年収の面でも当然安定しやすさが期待されている資格です


<宅建の推定される平均年収は?>
600万円~700万円
宅建は「士業」という概念にはあてはまりませんが、独立をする例も昔から一定の割合で続いているようです。
独立をする場合は不動産の取引をする業者といった扱いになりがちですし、さまざまな業務が 入ってくることもあって、「宅建だけで年収アンケート」等をすると集計されないことが多く 実態が多少わかりにくくなりますが、とにかく一定の安定化に成功して、独立前より高い年収を毎年得ている例も 全国各地にあります。

<宅建の年収の見方、受けとらえ方とは?>
宅建の資格を持っていればほとんどの場合不動産業界に就職します。宅建の資格者の平均的な年収は入社した先の 企業の給与体系に従うことになりますが、やはり宅建の資格があるだけで手当ては毎月もらえるチャンスがあります (数千円ということはあまりなく、1万円以上のことが多いようですね)。
宅建の資格をとると、まだ20代で社会経験が短くてもすぐに年収が500万円を超えることも けっこうあるといわれています。

<宅建になって年収をよくするには>
不動産業界では営業という職種が大きな役割を果たしているのですが、こういった成果が給与に反映される要素が ある働き方を選ぶ場合は年収が飛躍する可能性もありますし、その分安定性が犠牲になる可能性もあるといえます。

もっともこういった職種の場合、何歳になっても求人応募を受けられる余地も強く、 そのときに宅建の資格があればなお有利になりますから、 中高年になっても宅建の資格をとっているだけで転職や再就職が有利になるチャンスがありますし、 年収も働きぶりに応じて増えるチャンスがあると期待することもできますね (チョイスを失敗すると、年収が前の仕事の時よりも落ち込んでしまうかもしれませんが……)。

もちろん、独立をすることもできます。小規模な不動産業者を営んでいる例は全国的に多いですし、 そこから規模を拡大して年収1000万円以上、数千万円に達している例もありますから。
これは当然念入りな準備が必要ですから、個人でよく計画し、努力することになります。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?