マンション管理士の年収/ランキング上位資格

マンション管理士, 年収

マンション管理士はマンションといういまや日本全体に無数にある住居が仕事先です。仕事の口ははかり知れない くらいの数がありますから、将来の伸び(年収のことも含む)が何かと多いと予測されている資格です。
マンション管理士の年収も最初から高いというわけにはいきませんが、時間をかけ、経験を増やすことで 年収が上がっていくチャンスがマンション管理士にはあります。

<マンション管理士の推定される平均年収は?>
500万円~600万円
この幅ももう少し広げることができます(たとえば、400万円~700万円)。マンション管理士も800万円~900万円 くらいの年収を年齢に関係なく稼いでいる人たちがいます(中高年層の人たちもよく受けている資格のため、 わかりにくいのですが、たとえば30代でもそれくらいの年収を手にすることは可能です)。

<マンション管理士の年収の見方、受けとらえ方とは?>
マンション管理士は、マンションの管理組合等と契約を結んでマンション管理ほか緒業務に従事するために 制度化された資格です。マンション管理士は管理組合の中で採用されて仕事をするわけではないことが 特徴かもしれません(よく誤解されるようですが、どちらかといえばマンション管理士は独立型の資格です)。
といってももちろんマンション管理士も、資格をとってからすぐに独立してやっていかないといけないのでは ありませんが。
マンション管理士の年収は、最初のうちは雇用されている勤務場所の給与体系に縛られることになりますから それほどの収入はなかなか見込めませんが、 不動産業界の他の職種、特に同年代の場合の年収とあまり大差ないと思ってもいいでしょう。
最初のうちは年収が300万円から500万円で徐々に昇給していくものと思っておけばいいでしょうか。
もちろん、資格をとっていることで毎月数千円から1万円以上の手当を受け取れることはけっこうありますが。

<マンション管理士になって年収をよくするには>
マンション管理士はもちろん独立するとそれなりに年収はアップするチャンスがまわってきます。
ただし、マンション管理士に対してマンション管理組合が支払う報酬について、厳密な規制はありません。
つまり、契約するときの交渉次第で報酬が変わるわけです。
やはりキャリアや実力、そしてコミュニケーション能力がそのときにはものをいうでしょう。

マンション管理士の年収は、うまくいけば700万円を超えることもできますし、 1000万円に近い年収になる人も(多数派だとはいえないのですが)います。
管理者のいないマンションは多いのですから、どうやって開拓をするか、どうやって組合とつきあって 交渉をしていくかで決まりますが、歴史の浅い資格ですからチャンスが多い資格であることも事実です。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?