通関士の年収/ランキング上位資格

通関士, 年収

通関士は、地味な特徴が多い資格ですが、あえてページを割いてまで説明をしたいと感じたのは 社会での需要がとにかく高い仕事だからです。不景気で、安定志向を強めている人たちは多くなりましたが、 そんな人たちに一度目を向けていただきたい資格でもあります

<通関士の推定される平均年収は?>
400万円~600万円
この資格に関しては、他のページで取り上げた資格とは違って独立や開業という選択肢は目下あまり見当たりません。
通関士の年収は、貿易関連の業務をやっている企業等に雇われて仕事をすることになる以上、 原則として安定した収入を得ることができます

<通関士の年収の見方、受けとらえ方とは?>
通関士の年収は入社した先の企業の勤務体系に縛られてしまうことは事実ですから、 気をつけないと通関士の資格をとるまえの仕事をしていたときより年収が下がってしまうような失敗の 可能性もあることに留意しないといけません。就職活動をするときは、情報を徹底して集めるように 気をつけましょう(入ってからの年収も大切ですが、昇給の体系についてもできれば探り出しておきたいところです)。

<通関士になって年収をよくするには>
通関士の年収はこのサイトで紹介してきた他の資格と比べると残念ながら大幅に上がるチャンスがかなり少ないです。専門的な技能が必要な職業ですが、会社員であるため他の職種の社員とあまり差がつかず、たとえば20代や30代の、 通関士の資格をとって少しくらいの段階の社員だったら年収は300万円から500万円くらいであることが多く、 募集がかかるときもそれくらいの金額が発表されることがほとんどのようです。
通関士の資格と仕事で600万円や700万円くらいの年収をほしいと思ったら 50代を過ぎるくらいまで待てばチャンスが回ってくるかもしれないですが。

なお、通関士にも資格手当があることを忘れてはいけません。月に数千円から数万円程度、 といってもまず月に2万円を超えることは期待できないようですが、 それでも年間にすればけっこうな金額になるでしょう。

>>おすすめの資格を短期間で取得する方法とは?